増額 在籍確認

アコム増額時の在籍確認※勤務先に電話があるケースはこんな時

カードローンで増額してもらいたいけれど、増額審査で在籍確認があるのかどうか気になっている、という人も多いのではないでしょうか。
在籍確認があれば職場に電話がくることになるので、煩わしくて増額審査をためらってしまうという声もよく聞かれます。

 

在籍確認はどのカードローン会社でも、新規で申込みをする際には営業時間外の審査で一部例外はあるものの、必ずといって良いほど実施されています。

 

では増額を申請するときにも、初回審査のような在籍確認はあるのでしょうか?
ここではアコムの増額審査における在籍確認についてまとめてみました。

 

アコムの増額審査時に在籍確認はあるの?

カードローンで増額を希望する場合には、必ず増額審査が行われます。
増額審査では初回の審査と同様に、申込者の個人信用情報を照会したり返済能力を確認して、限度額を上げても今後の返済に支障がないかどうかをチェックします。

 

基本的にはあらためての在籍確認はなし

アコムの増額審査では、初回契約時の申請内容から何も変更がない場合には、特に在籍確認は行われていません。
契約後ある程度の期間において借入実績があり、返済状況にも問題がない人であれば、増額申請で在籍確認が行われることはないのです。

 

増額審査に通過するための条件としては、まず最低でも半年以上の利用実績と返済実績があること、信用情報にキズがないこと、他社借入件数や借入総額に問題がないことなどが挙げられます。
これらのポイントでひっかかってしまう人は、そもそも在籍確認以前の問題となるわけです。

 

ただしこれはあくまでも基本的な流れであって、契約者の状況によって多様なケースが考えられます。
また増額審査時の在籍確認は、金融機関によっても取り扱いが異なります。

 

契約時から勤務先が変わった場合は在籍確認あり

在籍確認は申告どおりの勤務先が確かに存在し、本人の勤務実態を確認する作業です。
初回審査で嘘の勤務先を申告して申し込んでも在籍確認によって絶対にバレてしまいますし、当然審査落ちしてカードローン契約を結ぶことはできません。

 

どこにどれくらいの期間勤務していて収入がいくらくらいなのか、これはお金を貸す側にとっては利用者の返済能力を判断するための大切な情報です。
なので最初に契約したときから現在まで勤務や収入に関する情報に変更点があれば、利用者はカードローン会社に報告を入れなければいけない決まりになっています。

 

契約から増額までの期間にこうした報告があった人に対しては、アコムでの増額審査時に在籍確認が行われる可能性が高くなります。
増額審査の時点で契約時に在籍確認したのとは異なる勤務先になっているわけですから、カードローン会社としては新たな勤務先での勤務実態を把握する必要性が出てきます。
アコムの増額審査のページにも、契約時と増額申請時の勤務先が違う場合は在籍確認をする可能性があることが書かれています。

アコムの増額審査について

参照:【アコム公式】ご利用可能金額と増額方法|カードローン・キャッシングならアコム

 

 

勤務先変更の届出をしないと一括返済も

借り入れしたお金を返済する際の収入源となる勤務先情報は、カードローン会社にとっては非常に重要なポイントになります。
もし本当は安定収入がないのにデタラメな勤務先を申告している人に融資してしまったら、貸し倒れになるリスクがあるからです。

 

転職して勤務先が変わることで給料がダウンすることもあります。
利用者の返済能力に大きな影響を与える場合があるため、勤務先変更があればすみやかに契約しているカードローン会社に報告を行う義務があるのです。

 

転職だけでなく、休職や退職したときや雇用形態が変わったとき、また収入に変化があったときや引越しをしたときにも必ず報告を入れなければなりません。

 

アコムの会員規約にも、以下のような記載があります。

 

1.第13条(期限の利益の喪失)

会員が次のいずれかに該当する場合には、当社からの通知、催告がなくても当然に当社に対する債務について期限の利益を失い、残債務全額をただちに支払うものとします。
(1)住所、勤務先変更の届出を怠るなど、会員の責めに帰すべき事由によって当社に会員の所在が不明となったとき。
(2)ショッピング等の利用代金について支払期日に弁済金の支払を遅滞し、当社から20日以上の相当な期間を定めてその支払を書面で催告されたにもかかわらず、その期間内に支払わなかったとき。
(3)自ら振出した手形、小切手が不渡になったとき、または一般の支払を停止したとき。
(4)差押、仮差押、仮処分の申立または滞納処分を受けたとき。
(5)破産申立または民事再生、特別清算、会社更生手続開始の申立があったとき。
(6)第12条第1項各号のいずれかに該当し、または第12条第1項の規定に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明し、当社との取引を継続することが不適切であると当社が判断したとき。
(7)第12条第2項各号のいずれかに該当する行為をし、当社との取引を継続することが不適切であると当社が判断したとき。

 

引用:AC会員規約【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

 

勤務先の変更等があったにもかかわらず申告しないままでいると、増額時の在籍確認で明らかになり、最悪の場合は増額どころか一括返済を求められることもあるので注意しましょう。

 

 

増額時に転職していることはバレる?

もし転職したのに申告しないままで増額審査を受けると、審査の段階でバレてしまう可能性はあるのでしょうか?
答えはYESです。

 

アコムでは増額審査時の勤務先が契約時と同じままなら、初回の審査時に一度実施している在籍確認は省略される傾向にあります。
ただこれはあくまでも原則としての話です。

 

転職を報告していないからといって在籍確認が無いとは限りません。
増額審査前までに情報変更があった場合以外でも在籍確認が行われることがあるので、もし契約時の旧勤務先に連絡を入れられたら在籍していないことが簡単にバレてしまうのです。

 

増額審査の在籍確認は基本的に勤務先に変更があった場合に行われますが、他にも随時実施されることがあります。
その実施基準が公表されているわけではありませんが、信用情報や利用状況において気になる点がある場合などが考えられます。

 

在籍確認がきっかけとなるケース以外にも、増額審査のタイミングで転職していたことがバレるケースがあります。
たとえば転職後に他社のカードローンなどで契約したことがあれば、その際には信用情報に新しい勤務先情報が登録されます。
増額審査時には信用情報が照会されるため、転職したことが明らかになってしまいます。
また増額審査の際には融資額がアップすることから収入証明書の提出を求められる可能性があるため、書類の確認段階でバレてしまうこともあります。

 

このようにカードローン会社側からの調査でバレると信用度を下げることになりますので、転職した場合には必ず自ら申告しておくようにしましょう。

 

在籍確認の電話はアコムからだとばれない?

増額審査で在籍確認が行われた場合、職場にカードローンの利用が知られてしまわないかが気になるところです。
お金を借りているという事実はできれば他人には知られたくないものですから、不安に思うのも無理はありません。

 

アコムをはじめカードローン会社では、在籍確認の電話は個人名を名乗ってかけるのが基本です。
職場の同僚など自分以外の人が電話口に出たとしても、電話の主がカードローン会社だということは分からないように配慮してくれます。
その際に本人が不在でも、「○○は外出しております」といった返答があれば、それだけで在籍確認は済んだことになります。

 

または、周囲には最近クレジットカードを申し込んだと言っておけば、借金していることを特に怪しまれることはないでしょう。

 

在籍確認の電話の時間帯は指定できる?

どうしても勤務先には電話をかけてほしくない理由があるなどして、絶対に自分で電話を取りたいという人は、増額申請をする際にカードローン会社に連絡を入れておくのも一つの方法です。

 

アコムでは何らかの事情がある場合にはケースバイケースで判断し、できるだけ希望に沿ったかたちで対処してもらえることもあります。
職場で自分以外の人が不在となる時間帯があれば、その間に電話をかけてもらいたいというように、希望を伝えた上で対策を相談してみましょう。

 

ただし連絡時間についてはあくまで希望であって、実際にその時間に電話をもらえるとは限りません。
在籍確認の目的は、その勤務先が実在するか、また本人が実際に勤務しているかを確認することです。
利用者の不正を防ぐためにも、在籍確認の際に必ずしも本人につながる必要はないという考えがあることも頭に入れておきましょう。

page top