アコムに増額申請が断られた理由

増額申込条件に心当たりがなかった場合も、申請前にチェック!審査通過の条件一覧に考えられる理由があります。

増額すると年収の1/3を超える借入になる

消費者金融のアコムは総量規制の対象です。
希望する借入限度額が年収の1/3を超える場合、可決されません。
貸金業法を破ってまで貸すメリットがないからです。
総量規制に反して融資すると消費者金融が処罰されます。

審査をしたら照会履歴が多かった

増額申請を繰り返したり新規申込を複数行っている場合、個人信用情報には照会履歴が多く残ることになります。
契約に至っていなくても照会履歴が多くあることでよほどお金が借りたい状態なのだと判断され、返済能力が疑われてしまいます。
新規申込同様、増額申請でも信用情報の照会履歴は残ります。
何度も申込や申請を繰り返すことはやめましょう。

携帯電話の遅延がある

携帯電話(スマートフォンなど)の支払いが延滞した場合も信用情報の記録に残ります。
端末の購入は分割払い、つまり割賦販売になっているので、通話料と一緒に端末代金も徴収されています。
支払いが滞ると、通話料のみならず分割払いを遅延していることになってしまいます。

断られる前にチェック

他社で新規申込を検討した方がいいケース

  • 新規借入から半年以上たってない場合
  • 増額申込条件の一つに契約期間が最低でも半年以上あることがあげられます。
    半年未満で増額申請が通る見込みがない場合は断られる前に審査が通る可能性のある他社申込を検討しましょう。

  • 無利息期間が適用されるメリットがある
  • 増額審査に通った場合は追加借入できる金額が増えるだけですが、新規申込先を選べば無利息で借りられるキャッシング会社があります。
    特に、借入を増やしたいのが一時的な場合で追加借入の返済が短期間で可能な場合は新規申込で無利息期間を利用したほうがメリットがあります。

アコムの3秒診断を試してみる

新規申込のための3秒診断ですが、希望の限度額と他社借入件数を入力するだけで結果が出ます。
新規契約よりも増えた他社借入件数が不安な場合は3秒診断に入力してみましょう。
融資可能と出ても審査で増額できない場合もありますが、3秒診断で借入可能か判断できないと表示された場合は
増額審査をあきらめましょう。

アコムの増額審査で断られた場合の対処法

アコムでの増額を目指す

  1. 増額申請の再チャレンジは最低でも半年後にする
  2. 申込時の照会履歴は半年で消えます。
    アコムで増額申請を再度するには増額申込から最低でも6ヶ月はあけるようにしましょう。
    次に申込をするまでの6ヶ月間は他社に新規申込をする、クレジットカードの申込をするなどは避けます。

  3. その間に他社借入を減らす
  4. 次の増額申込までの間はアコムでの借入だけでなく、他社借入を出来る限り減らします。
    複数から融資を受けていた場合は借入件数が減るように1社でも完済を目指しましょう。

増額ではなく新規借入を選ぶ

他社借入の件数や借入総額に問題がない場合は、半年後のアコムの増額を待つよりも新規借入を選んだほうが早く借入が可能になります。
ただし、新規借入をするとさらにアコムでの増額は難しくなります。
すでにアコムの借入もあり、増額申請による信用情報の照会履歴があります。
増額申請をやめて他社に新規申込をする場合は、少しでも審査に通りやすいように小額の申し込みにしましょう。